Home » その他事業

その他事業

災害時に備えた支援活動づくりの推進(新規事業)

未曾有の大災害を受け、「自分の命、地域の命をどう守るのか」が大きなテーマとなっている。まず、社協として災害時のボランティアセンターの役割・運営について学び、被災者への支援活動を地域の関係者と共に考え、備えることを目的とする。

  1. 防災に関する学習会
  2. 災害ボランティアセンター運営マニュアルの作成
  3. 地域自主防災組織への支援

読谷村民生委員児童委員協議会との協働活動推進

地域の福祉活動の担い手である民生委員児童委員及び主任児童委員の役割は重要であり、活動の充実強化が求められている。担当地域における援助活動が効果的に実践されるよう支援、協力を行う。

福祉サービスの苦情解決事業

苦情受付担当者や苦情解決責任者、第三者委員を配置し、社協の提供する福祉サービスに関する苦情への適切な対応を行うことで福祉サービス利用者の満足度を高めるとともに、社協の信頼及び適正の確保を図る。

※平成30年度、事業が変更になっている箇所があります。
 直接お問い合ください。